イベントコンパニオンの仕事で人生が変わりました

もっと割のいいアルバイト

コンプレックスをずっと抱えていましたもっと割のいいアルバイト夢にまで描いた東京ライフを今満喫している

しかしながら東京での暮らしとは自分が憧れ思い描いていた生活とは全く違うもので、あれだけ嫌悪していた田舎にさえ帰りたいと思い一人でなく夜も多かったんです。
テレビドラマで登場するおしゃれなデザイナーマンションとは違い、ワンルームの築年数30年の古いアパートでした。
家賃と学費をねん出するのに、朝は早朝からコンビニでレジ打ちをし、夜は深夜まで居酒屋でアルバイトをする毎日で、なにをしに東京に出てきたのかわからなくなってました。
大学での単位も思うように取得できず、ついには中退して一層悪になりたいとさえ思ってたのです。
一日中バイトして学校に行くことも少なく、一日朝から晩まで働いても学費と家賃で手元に一切お金が残らないんです。
そこでバイト先の先輩にお金が困窮していること、華やかな東京暮らしが一切できていないことなど悩みを打ち明けました。
すると先輩が、もっと割のいいアルバイトをしてみるといいのではとアドバイスをくれました。
比較的容姿端麗で白い肌が魅力的なのだから、コンパニオンのアルバイトをしてみるといいのではと先輩が教えてくれたのです。

イベント コンパニオン : イベントコンパニオンはどんな人におすすめ